楽しみ方は?効果は?

プリザーブドフラワーに限らず、指先を動かす作業は脳を刺激し活性化させますし、何か物を作り上げることは達成感につながり、高い満足度が得られます。
さらにお花には疲労や緊張、不安や怒りを緩和させる働きがあります。お花を使ったアレンジは自宅に飾ればお部屋の彩りやリラックス効果をもたらしてくれますし、人にプレゼントをすれば喜ばれます。
一人で静かにやってもいいですし、お友達と一緒に話しながらやれば楽しくでき、作品も作ることができるというまさに一石二鳥の趣味であるといえます。

始め方は?

プリザーブドフラワーを取り扱っているフラワーアレンジメント教室もありますし、自宅で道具をそろえて始めることもできます。
主に必要なものははさみ、カッターナイフ、フローラテープ、接着剤、グルーガン・グルー、ピンセットとワイヤー、アレンジしたい花と花を加工するプリザーブドフラワー液、加工した花を入れる花器です。花はすでに加工されているものが通販で売っていることもあります。教室で習っている場合は講師の先生から指定されたり用意されたものを使いますが、自宅で一人で始める場合でも手芸店や通販で手に入ることが多いです。

注意点は?

生花からプリザーブドフラワーを自分で作るのは至難の業ですし、市販品ほど美しくうまくいかない場合もあります。美しく作りたい場合は生花からではなくすでに加工されているものを使うのがいいでしょう。そしてプリザーブドフラワーにむいている花とむいていない花があり、花弁が薄い、散りやすい花、大きすぎる花は加工には向いていません。
また専用液を使う場合は手が荒れてしまうこともあるのでゴム手袋をし、作業する場所には新聞紙を置いておくといいでしょう。

No tags for this post.