「婚の行事」結婚式の衣装・新郎新婦・列席者の衣装について

結婚式の衣装について

結婚式に招待されたときには、どのような衣装で出かけたらよいのか迷ってしまうという人も少なくありません。普段あまりパーティや式典に出席する機会がないと、式のために購入したり借りたりして用意しなくてはならないことになるからです。結婚式の衣装は、基本的にそれぞれの立場の人によって違います。主役である新郎新婦が最も華やかで、引き立つ衣装を選ぶのが当然です。そして新郎新婦の家族やその他のゲストも、それぞれの立場に合う服装で出席します。

新郎新婦の衣装は?

結婚式の時の新郎新婦の衣装には、何を選べばよいのかと迷う人も多いでしょう。現代の日本では洋装か、和装かどちらかを選ぶのが一般的です。洋装の場合は新郎はタキシードを着用し、新婦はウェディングドレスを着ることが多くあります。和装の場合は新郎は紋付き袴、新婦は白無垢・色打掛・黒引きなどが選ばれます。このような新婦の衣装はウェディングの時でないと着る機会が多くないため、衣装にこだわる人も少なくありません。

参列者の衣装とマナーは?

結婚式に招待されたときの衣装は、親族か親族以外のゲスト課によって違いがあります。基本的にフォーマルなスタイルで、新婦を引き立てるために華やかさよりもきちんとした印象の服装を選ぶことが大切です。新郎新婦の両親は正礼装で兄弟は礼装や準礼装、そしてそれ以外の親族は準・略礼装を選びます。また友人の場合には略式のものを選ぶのが一般的です。何を着ればよいのかと迷った時には、このような格の違いを意識して選ぶと良いでしょう。

No tags for this post.