「婚の行事」婚約とは?意味や風習、法的拘束力は?婚約記念品について

婚約とは?

婚約とは結婚を約束することです。結婚の約束をしたらお互いに相手のことを「婚約者」と呼ぶようになります。しかし、婚約は結婚のように婚姻届けを提出するわけではないため、「口約束」に近い状態に当たります。婚約の中で一番ライトなのが、プロポーズです。プロポーズは2人のみで行われることが多いため、形に残らないからです。形に残し安心したい人は、婚約指輪をもらう方法がよいでしょう。値段も高いため、強い結婚の意思がないと買えないものだからです。他にもお互いの両親に挨拶したり、しっかり結納をしたりなど第三者に認識してもらうことで、婚約は重みが増すでしょう。

法的拘束力とは?

婚約は、あくまで結婚を前提とする約束をしていることなので、法律上の手続きは必要ありません。提出書類などはなく、当事者同士で結婚の意思を確認したという状態です。結婚のような法律上の夫婦ではありませんが、婚約は婚姻の予約契約に当たるため、口頭でも成立します。そのため、正当な理由もなく一方的に婚約破棄すると、慰謝料や損害賠償責任が生じる恐れがあります。そうならないためにも、第三者に婚約を認識してもらったり、相手が不安になるような行動は避けたりとお互いで対策をしましょう。

婚約記念品について

一般的にプロポーズの際、婚約指輪を贈るカップルが多いでしょう。婚約指輪をもらった側は贈った側に婚約記念品を準備し、交換することで婚約成立と考えます。お返しの相場は、婚約指輪の半分程度です。お互いに誓いの記念品を贈り合うことで形に見える婚約になり、安心感が芽生えます。婚約指輪は、ダイヤモンドがあしらわれたものを選ぶことが多いです。ダイヤモンドは一生輝きが失われないものであるため、一生の愛を誓う婚約指輪に適しているからです。

No tags for this post.