看護見守りサービスとは?高齢者向けサービスについて

目次

見守りサービスとは

見守りサービスは、離れて暮らす高齢の両親を本人に代わって見守るサービスのことです。
健康的な食事ができているか、転んで怪我をしていないかなど、子供にとって高齢の両親の生活は何かと不安です。
また、近年は詐欺被害が社会問題になっていますから、そういう不安も悩みの種になりがちです。
高齢化が進む時代においてこのようなサービスの需要は高く、今ではセキュリティ会社や郵便局も参入しているほどです。
訪問して状況を確認したり、センサーや電話、カメラで状況を把握するものなど、多様化しているのも見守りサービスの特徴です。

見守りサービスの種類

見守りサービスには、訪問型やセンサー型とオート電話、オートメール型などがあります。
更に、カメラ型や宅配型と種類が豊富にありますから、ニーズに合わせて選択することができます。
24時間の監視だけでなく、安否の確認や緊急時に対応が受けられるものまで、実に幅広いサービスが展開中です。
必要に応じた駆けつけサービスもありますから、身体があまり自由ではない1人暮らしの高齢者の家族にとって、安心が得られるものになっています。

見守りサービスの選び方

見守りサービスを選ぶポイントは、受けたいサービスを明確にしたり、サービス内容や料金に納得できるものを絞り込むことです。
契約は月単位の場合が多く、全額自己負担で支払うことになりますから、無理なく続けられる料金が理想的です。
郵便局のように、全国的な事業所が提供するサービスはどの地域でも受けやすいので、そういう意味では選びやすいといえるでしょう。
月額料金も良心的だったりしますが、民間企業の方がサービスが手厚いこともありますから、サービスの種類も含めて天秤にかけて検討することが重要です。

No tags for this post.