育毛と育毛って何?高齢者の男性も女性も多い悩み

目次

シニア薄毛のそもそもの原因とは?

シニアの薄毛のそもそもの原因は、年齢を重ねて頭皮に潤いや柔らかさが無くなり、又必要なホルモンの分泌の低下など全体的な老化現象として現れます。シニアになっても薄毛にならずに白髪で髪の毛が多い人もいますが、男性も女性も一般的には髪の毛が少なくなったり細くなってきます。これは老化現象であり、薄くならない人は白髪になる傾向です。年齢を重ねると誰でも多少は薄くなりますが、お手入れ次第で多少は改善できるケースもあります。

発毛と育毛の違いは?

発毛と育毛の違いは、発毛は髪の毛を生えさせるといったニュアンスで使われますが育毛は、医薬部外品などで髪の毛をはぐくむというニュアンスで使われています。発毛した髪の毛を、育てるという感じで多少の意味合いの違いはありますが、いずれも薄毛や抜け毛に悩んでいる人が目指すところです。高齢者は髪の毛が薄くなる人が多いので、それを少しでも食い止めるために様々な育毛剤がありますので、好みに応じて使ってみるのがお勧めです。

養毛とは何が違うの?

養毛とは、化粧品で頭皮に潤いを与えたりフケやかゆみなどを防ぐといった意味合いのアプローチです。化粧品ですので、あまり効果がないと感じるかもしれませんが髪の毛や頭皮を快適な状態にしてくれます。

それに対して、育毛や発毛はもっと効果が高いイメージで使われる言葉です。結果を求めるなら、養毛剤よりも発毛や育毛といった効果があるものを利用するとよいでしょう。高齢者でも、髪の毛にハリを持たせたりできる製品はあります。

No tags for this post.