高齢者が使いやすい財布ってどう?財布選びのポイントは?

目次

使いやすさを重視!

高齢者が財布を選ぶときには、使いやすさを重視するのがポイントです。例えば、小銭やレシートやお札などをきちんと分けて収納できるかということは大切ですし、ファスナーやホックなどが使いやすい位置にあるかということも考える必要があります。大きすぎても小さすぎても使いにくいので、自分のライフスタイルに合った使い勝手の良いものを選びましょう。長財布通り財布は色々な意見があるので、自分が使いやすいタイプにするとよいです。

財布の開け閉めのしやすさは重大

財布で重要なのが、開け閉めのしやすさです。使おうと思った時に開かないとイライラしますし、高齢者は目が悪かったり手元がおぼつかないこともありますので開閉しやすいものを選びましょう。ファスナー式なら、開けると財布のすべての部分を確認できるようになっているものがお勧めです。又、複雑なつくりのものは使いにくいので、シンプルで必要な収納のみがついているものを選ぶと安心です。開けるだけでなく、閉める時にも確実に締まるものにしましょう。

素材・色の好みは?

素材や色は好みで決めても構いませんが、ナイロンなら軽いですしレザーなら高級感が出ます。ただし、本革になると多少重さが出てくるので軽いほうが良ければ合皮やナイロンにするのがお勧めです。色は、その時の占いなどによって決めるのが好まれますし、金運がアップするといわれているような色を選んでみるのも良いです。基本的には好みに合わせて選んだほうが楽しいですが、素材だけは使い勝手を左右するのでこだわって選ぶのが良いでしょう。

No tags for this post.