生前整理とは?

生前整理とは、まだ体が元気で動けるうちに、自分が亡くなった後の持ち物を整理しておくということです。亡くなった後に、相続人が持ち物を処分するのは大変ですし、精神的な負担もかけてしまいます。処分するにしてもお金がかかりますから、そのような負担を相続人にかけないようにすることができます。また複数の相続人がいる場合には、遺産を分けるときにトラブルが起こってしまうこともありますから、生前元気なときに誰に何を相続させるのかをあらかじめ決めておくよい機会にもなります。身の回りの物を少なくしておくことで、余生を快適に過ごせるというメリットもあります。

 

なぜ必要か?

相続人への負担を軽減したり、遺産相続でのトラブルを回避するというメリットもありますが、それ以外に相続税対策を行う上でも必要な作業になります。遺産となるものが大きければ大きいほど相続税が増えてしまいますが、生前贈与にしておけば税金対策が可能になるからです。財産目録を生前整理を行う時に作ることで、所有している財産の内訳や価値を知ることができます。それを残しておくだけでも、目録により遺産相続を円滑に行うことができますから、亡くなった後の遺族たちにも負担をかけることなくスムーズに手続きを行うことが可能です。

 

生前整理の準備方法は?

生前整理の準備として、財産目録を作るときには弁護士や司法書士といった資格を有する専門家に依頼をすると安心感があります。ただその前に、まずは自分の身の回りを整理しておくようにすれば、気楽に始めることができます。宝飾品や株券などが価値がありますが、服飾品や家具、家電といったものはほとんどが処分されることになるものです。これからの余生に使用するものかどうかを判断し、もう使わないときは廃棄処分をしていきます。それだけでも身の回りの物を少しずつ減らすことができますから、片付けをするような気持ちで始めるようにすればいいでしょう。

No tags for this post.